ACG资讯 » 【其它】【手机版>>>】

2020-02-10 01:06

鍵つきテラリウム3巻 「静かに滅びゆく箱庭の中で終わりと出会い、生きていく」

45



平沢ゆうな氏のコミックス「鍵つきテラリウム」3巻【AA】がアキバではもう出てる。Amazon内容紹介は『機械の身体で生きる弟の過去、母親の行方が明かされる!』で、漫画家:白浜鴎氏の



帯コメントは『静かに滅びゆく箱庭の中で終わりと出会い、生きていく』になってた。



平沢ゆうな氏のコミックス「鍵つきテラリウム」3巻【AA】

白浜鴎氏のコメント「静かに滅びゆく箱庭の中で終わりと出会い、生きていく」



調査技官のチコと、その弟のピノ
「(早くピノを充電しないと…ピノがただのロボット兵になってしまう…!)」



機械の身体になる前の弟
「チコ…そこにいるの?ここのところ、日に日に視力が落ちてて分からないんだ」



「心配するじゃない!いるならいるって、すぐ言ってよ!
大丈夫だったの!?コアの損傷は…!?」



「この子の家さ。昨日、倒れていた僕らを助けてくれたんだ」



「ずいぶん暑いコロニーね。それにすごい古代遺産の廃棄物の量」



「(鎖に繋がれた、家事ロボット?)」



ゲーマーズ本店 特典:メッセージペーパー



メロンブックス秋葉原1号店 特典:ペーパー&イラストカード



COMIC ZIN秋葉原店 特典:イラストカード

平沢ゆうな氏がCOMICメテオで連載されているコミックス「鍵つきテラリウム」3巻【AA】が、アキバではもう出てる。
『鍵つきテラリウム』は、COMICメテオに連載化された作品で、連載開始時のコミックナタリーによると『ロボット技術が進歩したものの、人類が衰退し荒廃した世界を舞台にしたディストピアファンタジー。人間が住むことのできる完全環境施設(アルコロジー)を巡る調査技官のチコと、その弟のピノがとある目的のために荒廃した土地を旅する様子を描いていく』というお話。
今回発売になったコミックス「鍵つきテラリウム」3巻【AA】には、第10話「ゴミ捨て山のコロニー(1)」~第14話「震えた手の先に」を白浜鴎氏の



帯コメントは『静かに滅びゆく箱庭の中で終わりと出会い、生きていく。悲しく優しく心に迫る、命と向きあう物語』とのこと。

終末世界に残された人間とロボットの物語。戦車ロボットとの戦闘で、機械の弟・ピノが大破!ピンチのふたりを発見したのは、ゴミ捨て山のコロニー“スバールカ”で生きる、とある親子。コロニーで目を覚ましたチコは、この場所に母親が立ち寄ったこと、そして「アリスズクレイドル」という遺跡を目指していたことを知り――。機械の身体で生きる弟の過去、母親の行方が明かされる、第3巻! Amazon内容紹介

なお、作者:平沢ゆうな氏は、『「鍵つきテラリウム」3巻【AA】の



カバー折り返しで『いろんな方のお力添えや応援のおかげで、第3巻を出すことができました。本当にありがとうございます。もう第3巻です!時の流れって、はやいですよね』を、あとがき漫画では『この3巻で、アルコロジー内で起こっていることへの布石はほぼ置きおわります。どこまで回収できるかは分かりませんが、考察がお好きな方は、よければ読み返してみてください』などを描かれている。
平沢ゆうな氏のTwitter



「こんな風だったんだ…調査中のお母さん」



「ソフィアを救ってくれたら、チコのお母さんの行き先を教えてやる!」



「あなたはピノを私の弟だと認めて、修理してくれた」



「もうこの時代に…戦車はあってはいけないから…!」



「あの戦車ロボットは…私がここで止める!」



「母娘そろって…どこまでも世話のかかる弟子だ!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=2898

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>