ACG资讯 » 【小说改】【手机版>>>】

2020-02-12 00:36

山田エルフ大先生の恋する純真ごはん最終3巻 「山田エルフ、大勝利!?」

39



優木すず氏のコミックス「山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」最終3巻【AA】が10日の公式発売日を迎えた。



裏表紙は『山田エルフ大先生が主役のスピンオフ料理コミック!』、



オビ謳い文句は『山田エルフ、大勝利!?真心こもった手料理で掴み取れるか、マサムネの胃袋と輝く未来』だった。



エロマンガ先生スピンオフ「山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」最終3巻【AA】
「山田エルフ、大勝利!?」



「マサムネ!見張りご苦労さま」



海老のビスク  「スープ作ってきたわ」 ほかぁっ



「あったかいわね」 「…おお」
「ねえマサムネ。もっといい温め方があるのだけど」



「この戦い、絶対勝ってやるわよ!」



たっぷり野菜とツナのグラタン  「さあ、召し上がれ」



「この料理は俺だけじゃなく、紗霧のことも考えて作られてた。
だから、家族になるなら…こんな料理を作ってくれるお嫁さんならいいなって…」



アニメイト秋葉原本館 特典:複製ミニ色紙



とらのあな秋葉原店A 特典:イラストカード



ゲーマーズ本店 特典:ブロマイド

優木すず氏が、月刊コミック電撃大王で連載されていたコミックス「エロマンガ先生 山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」最終3巻【AA】が、10日の公式発売日を迎えた。
『山田エルフ大先生の恋する純真ごはん』は、著:かんざきひろ氏のライトノベル「エロマンガ先生」に登場する山田エルフを主人公にしたスピンオフ漫画で、1巻発売時の電撃大王編集部の告知は『原作やコミカライズで大人気のエルフの活躍の数々が、料理という新たな舞台で描かれます!』、『見た目や名前からもエルフらしさがつまった料理の数々が登場します!』などだった。
今回発売になったコミックス「山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」3巻【AA】には、



第12話~最終第16話を収録し、3巻で山田エルフが作っている料理は、「春爛漫・大海原の天恵(手まり寿司)」・「鎧にまとわれし数多の魔力(海老のビスク)」・「生命の実りと絡み合う糸(たっぷり野菜とツナのグラタン)」・「ボルシチ」・「見果てぬ未来へ続く黎明の大海(味噌汁)」(



裏表紙の献立一覧)。

また、



とら秋葉原店AのPOPは『料理も恋もアツアツの中で起きる、エルフ大先生のキャラ変事件♥ パートナーとのデートイベントに、宿敵との料理対決…奇蹟望む三ツ星的完結!』で、



オビ謳い文句は『恋に仕事に大忙しの大人気作家・山田エルフ大先生が主役のスピンオフ料理コミック完結巻!』、『山田エルフ、大勝利!?真心こもった手料理で掴み取れるか、マサムネの胃袋と輝く未来――』だった。

せっかくマサムネといい感じだったのに、横槍が入ってくるのが主役の辛いところよね。望むところよ、わたしの愛情たっぷり料理、骨の髄までとくと喰らって納得しなさい!恋に仕事に大忙しの大人気作家・山田エルフ大先生が主役のスピンオフ料理コミック第3巻! 



裏表紙

「山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」3巻【AA】の感想には、犬飼BGLさん『この終わり方、本当にいいんですか!?夢オチじゃなくて!?公式で!?これが見たかったんです本当にありがとうございます!』、銀の星さん『早すぎる終焉の時でしたが落とし所としては完璧。個人的にはエルフ派な私なので凄く嬉しいラストでした』などがある。
なお、漫画:優木すず氏は、カバー折り返しで『エルフ大先生ありがとう!好きだ!』を、



あとがき漫画では『山田エルフ大先生の物語もついに最終回を迎えました。長いようであっと言う間でした…。エルフ大先生のドタバタな日常はいかがだったでしょうか。皆様の心に残るエピソードがあれば嬉しいです』などを描かれている。
「エロマンガ先生 山田エルフ大先生の恋する純真ごはん」3巻コミックス情報



「海老の風味が濃厚クリーミーですっげー美味い!」



「また現れたときは、その、付き合ってくれる…?」



「私だって、あーんってごはん食べさせたいのに…」



  「わたしを好きになりなさい」



「…やっと俺、気付いたよ」



「これから先も、お前の飯を食べさせてくれ――」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=2901

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>