ACG资讯 » 【小说改】【手机版>>>】

2020-03-19 21:36

コミカライズ小説の神様1巻 「売れないナイーブ高校生作家×ツンデレ人気美少女作家」

64



相沢沙呼氏の小説を、手名町紗帆氏がコミカライズされている「小説の神様」1巻【AA】が17日に発売になった。売れない高校生小説家と、転校してきた美少女人気作家のお話で、



裏表紙は『売れないナイーブ高校生作家×ツンデレ人気美少女作家、相性最悪な2人の合作の行方は!?』になってた。



相沢沙呼氏の小説を、手名町紗帆氏がコミカライズ「小説の神様」1巻【AA】発売
「その物語が、きっと誰かの心を救う――」



中学生で小説家デビューしたものの、今は売れない小説家の高校生・千谷一也
「(僕は多分、主人公にはなれない人間だ)」



転校してきた美少女・小余綾詩凪
「(つい1週間前、転校してきたばかりの――…。相変わらず…すごい存在感)」



「…千谷一也くん?…何かご用?」
「え、いやその…小説は好き…ですか?」



「(本を出すごとに部数が減り、最近は書店にすら、ほとんど並ばなくなった)」



「(愛や優しさを綴った小説をいくら読んでも、人は平気で他人を傷つける)
物語には何の力もないんだ…」



「馬鹿なことを言わないで。わたしには、小説の神様が見えるから」



ゲーマーズ本店特典:ブロマイド



とらのあな秋葉原店A特典:イラストカード



アニメイト秋葉原本館 特典:イラストカード

相沢沙呼氏の小説を、手名町紗帆氏がコミカライズされ少年マガジンRで連載中の「小説の神様」1巻【AA】が17日に発売になった。
原作小説「小説の神様」は、講談社タイガから2016年に発売され、シリーズ続刊「小説の神様 あなたを読む物語(上・下巻)」も出ているほか、実写映画が2020年5月公開予定の作品で、コミカライズ版『小説の神様』は、作品情報によると『売れない高校生小説家・千谷一也。なかなか新作が出せずにいる彼のところに現れたのは、「小説の神様が見える」と豪語する同い年の人気作家・小余綾詩凪で!?』で始まるお話。
今回発売になったコミックス「小説の神様」1巻【AA】には



第1話~第4話のほか、巻中にはコラム



「九ノ里の文学教室」ほかを収録し、



裏表紙は『書くことでしか、僕らは前に進めない―』、『売れないナイーブ高校生作家×ツンデレ人気美少女作家、相性最悪な2人の合作の行方は!?』になってた。

中学生で小説家デビューをしたものの、デビュー作は酷評、作品の売り上げも振るわず、小説を描く意味を見失ってしまった高校生の千谷一也。

そんな彼にある日、担当編集者が持ちかけたのは、人気作家「不動詩凪(ふどうしいな)」との合作依頼。それで本が売れるなら――と引き受けた一也だったが、彼の前に現れたのは、この春に一也の高校に転校してきた美少女の小余綾詩凪で…!? コミックス情報

なお、「小説の神様」1巻【AA】の相沢沙呼氏は『小説を書きたいという人は少ないかもしれませんが、周囲の批判に晒されながらも、どうにか自分の夢を追い続けようとする人たちは、きっと多いと思います。このお話が、そんな方々のささやかな支えになりましたら、幸いです』、コミカライズをされている手名町紗帆氏は、



あとがきで『物語を愛するすべての人の心に届くよう、相沢先生と共にがんばっていきます。2巻もよろしくお願いいたします!』などを書かれている。
「小説の神様」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)



「チームを組んで、2人で小説を書いてみない?」



「不動詩凪。あなたと同い年の女子高生作家よ」



「大丈夫?九ノ里くん以外に友達いる?」



「読まれない小説に価値なんてないんだよ…!」



「あなたの小説を読んだことがあるの!」



「だから!あなたにわたしの物語を託させて…!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=2999

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>