ACG资讯 » 【漫画】【手机版>>>】

2020-10-23 23:36

漫画版 为了女儿、我说不定连魔王都能干掉/うちの娘の為ならば、俺は~6巻 「わくわくどきどき旅行中!」

139



ほた。作画的漫画版「为了女儿、我说不定连魔王都能干掉/うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」第6卷【AA】于秋叶原21日发售。



新刊宣传广告为『“うちの娘”、はじめてにときめきながら旅の途中♪』、



封带宣传物语为『わくわくどきどき旅行中!』。


  
CHIROLU的小说、ほた。作画的漫画版
「为了女儿、我说不定连魔王都能干掉/うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」第6卷【AA】发售


  
旅の途中で出会った魔人族的女性「この腕輪は、私の故郷で父親から贈られる…
その人のルーツを示すものですわ」


  
「本当に人間族(俺たち)は、魔人族のことを何も知らないな。
“魔王”ってだけで、こっちでは恐怖の対象だ」


  
「デイル…」 「ん?」 「いつもありがとう」


  
「晴れてれば、もっといい景色だったんだが」 「帰りの楽しみにするよ」


  
「可愛いなぁ」 「可愛いだろう」


  
「痛い時も、苦しい時も、怖い時もね。
子どもってのは、大人にそんくらいのことはしてもいいんだから」



アニメイト秋葉原本館 特典:複製ミニ色紙



Melonbooks(メロンブックス)秋叶原1号店 特典:插画卡



Gamers(ゲーマーズ)本店 特典:插画卡イラストカード

ほた。氏がコミカライズされComicWalker内・異世界コミックで連載中の「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」6巻【AA】(キャラクター原案:トリュフ氏)が、アキバでは21日に発売になった(公式発売日は23日)。
『うちの娘の為ならば~』は、コミカライズ作品情報によると『冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中を訪れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔人族の少女と出逢う。罪人の烙印を背負った少女・ラティナをそのまま森に捨て置くことが出来ず、彼女の保護者になる決意をしたデイルだったが…』で始まったお話(登場人物・あらすじ)で、2019年7月にTVアニメ化もされた作品。
今回発売になったコミカライズ「うちの娘の為ならば~」6巻【AA】には、第29話~第33話と、特別編「なぜなにティスロウ」、番外編5、原作:CHIROLU氏の小説



「幼い少女、ある旅の日の朝。」を収録(



もくじ)し、折込チラシは『“うちの娘”、はじめてにときめきながら旅の途中♪ ケモ娘との姉妹ストーリーもたくさん収録!』で、オビ謳い文句は『「思い出たくさんお届けするね」。はじめてがいっぱい、わくわくどきどき旅行中!』になってた。

里帰りをするデイルに同行する、旅の途中のラティナ。はじめての遠出に心を躍らせながら、街道の花や料理、ときどき戦闘も頑張る彼女は、港町クヴァレで魔人族の女性と出会う。デイルに拾われてから初めて話す同種族。魔人族、そしてラティナ自身について新たな事実を知り――



裏表紙

なお、「うちの娘の為ならば~」6巻【AA】のほた。氏は同じくあとがきで『今回の巻で桜と獣人族が出てきたので、カバー下ははなさかじいさんをモチーフに選んでみました』などを書かれている。
「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら~」6巻コミックス情報



「ただいまって言えるところがあって、おかえりなさいって言ってもらえるから」



「俺の故郷はティスロウって呼ばれてるんだが、正確にはそれは一族の名前なんだ」



「ふわあ…まわりみんなお山だねえ」



「あそこが俺の実家だ」「…大きいねぇ」



「一応、一族の当主屋敷だからな」



「“大地に愛されし一族”の村にようこそ」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3732

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>