ACG资讯 » 【其它】【手机版>>>】

2020-12-01 00:36

真の仲間Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く 「史上最強と謳われた兄妹、その“はじまり”の物語」

218



スニーカー文庫12月新刊、ざっぽん的轻小说「真の仲間Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く」【AA】于秋叶原发售。



封底为『天才騎士と勇者の力に目覚めた少女の運命が動き出す』、



封带为『史上最強と謳われた兄妹、その“はじまり”の物語』。


  
「真の仲間Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く」
「史上最強と謳われた兄妹、その“はじまり”の物語」


  
ギデオン・ラグナソン(中右):勇者の旅立ちを守り導く「導き手」
ルーティ・ラグナソン(右上):加護「勇者」を宿した、ギデオンの妹


  
妹・勇者ルーティ「お兄ちゃんはいつだって世界一かっこいいよ。
私はお兄ちゃんがいてくれたから、ずっと幸せだった」


  
兄・導き手ギデオン 「ルーティ!間に合って良かった!」





メロンブックス秋葉原1号店 特典:小冊子



虎之穴(とらのあな)秋叶原店A 特典:4Pリーフレット



Gamers(ゲーマーズ)本店 特典:ペーパー

スニーカー文庫12月新刊、著:ざっぽん氏&イラスト:やすも氏のライトノベル「真の仲間Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く」【AA】が、アキバではもう出てる。
今回発売になった「真の仲間Episode.0」【AA】は、TVアニメ化も決定してるライトノベル『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました(※)』のスピンオフ作品で、ざっぽん氏の新刊告知によると『完全書き下ろしの外伝。ウェブ版にも書かれていない、ギデオンとルーティの旅立ちの話になります』という、『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを~』本編の主人公・ギデオン(レッド)と、その妹・勇者ルーティの本編開始前のお話。

また、



折込チラシは『故郷が魔王軍に蹂躙される中、天才騎士ギデオンの剣戟に触発された妹勇者ルーティは、遂にその力を目覚めさせるのだが…!?』などで、



オビ謳い文句は『TVアニメ化決定!シリーズ累計100万部突破。「真の仲間」シリーズは、この0巻から読むのがオススメ!』、『史上最強と謳われた兄妹、その“はじまり”の物語』になってた。
生まれながらにして圧倒的高レベルの剣士、ギデオン・ラグナソンは「勇者」の兄だ。いつの日か人類を救うであろう妹を守り抜く為、研鑽を重ねる日々を過ごしていた。

そして、遂に災禍の日は訪れる。兄妹の故郷は魔王軍に強襲されるのだが、今や並ぶ者がいない程の騎士へと成長していたギデオンは村人達を鼓舞する為、妹ルーティが宿命の勇者であることを明かす。「俺達は“勇者”の軍だ!ならば、仇に向けるのは恐怖ではない。応報の怒りであるべきだ!」。剣戟に舞う天才騎士と勇者の力に目覚めた少女の運命が今、静かに動き出す――。のちに人類希望の双翼と謳われる兄妹、“旅立ち”と“はじまり”の物語 



裏表紙

「真の仲間Episode.0」【AA】の感想には、逸見文さん『「導き手」の加護の強制力ではなく、ギデオン自身の選択として積み重ねた力でルーティを導いていく展開が、本編のスローライフの意味に繋がり面白かった』、アウルさん『本編では少ししか語られてなかった所ががっつりと語られていたな。妹のルーティの為になら全てを組み込み実行に移すギデオンの家族愛が凄い』などがある。
なお、著者:ざっぽん氏はやすも氏は



カバー折り返しで『作品の魅力を伝えられる絵を描けるよう頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします』などをコメントされている。
著者:ざっぽん氏のTwitter



「俺はルーティを守れるくらい強くなりたいんだ」



「この村を守っているのはギデオンじゃない!このゴールドなんだからな!」



「構えろルーティ!こいつらは二斧族のゴブリン!」



「有毒ガスが溜まっていたとしても、これで大丈夫だな」



「この外道!」「お前もあとでたっぷり可愛がってやる」



「今こそ明かそう!俺の妹ルーティは“勇者”だ!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3829

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>