ACG资讯 » 【同人】【手机版>>>】

2020-12-07 23:36

スタンドUPスタート第1卷 「起業(スタートアップ)しよう!大変革時代の仕事術!」

195



福田秀的漫画「スタンドUPスタート」第1卷【AA】于10月16日发售、封带宣传语为『起業(スタートアップ)しよう!シン・時代の働き方UPデート!UPグレードコミック!』、『“起業”を識れば“サラリーマン”の価値も分かる。大変革の時代に、胸を張って生きるための仕事術!』。


  
福田秀的漫画「スタンドUPスタート」第1卷【AA】发售
「起業(スタートアップ)しよう!大変革の時代に、胸を張って生きるための仕事術!」


  
「俺は今、色んな“訳アリ”人材に投資してる。“起業”であらゆる個人の生産価値を上げるんだ!!」


  
「“資産は人なり”俺はそれを証明したい。あんたっていう資産が必要なんだ」


  
「これは財務諸表にはない当社の資産なんです」


  
「レールから外れることが怖くて…」 「“起業後進国”」


  
「“自身に起業する力がある”と答えられた者の人数、日本はダントツの最下位なんだ起業活動の認知度を示す起業浸透率が49か国中47位」


  
「働き方の選択肢を増やすことは、自由な生き方が出来るってことなんだと俺は思う
日本を世界一の“起業先進国”にする」



アニメイト秋葉原本館



ゲーマーズ本店



とらのあな秋叶原店A

福田秀氏が週刊ヤングジャンプで連載されているコミックス「スタンドUPスタート」1巻【AA】が、16日に発売になった。
『スタンドUPスタート』はコミックナタリーによると『“人間投資家”を名乗り、仕事に行き詰まった人間や前科者、引きこもりなど訳ありな人材に対して投資を行う男性・三星大陽を主人公にした“起業支援マンガ”。先進国の中で起業が盛んではない日本を、世界一の“起業先進国”へと成長させるべく奔走する大陽を描いていく』というお話。
今回発売になった「スタンドUPスタート」1巻【AA】には、第1話から第6話と号外「大陽日」を収録し(



もくじ)、オビ謳い文句は『起業(スタートアップ)しよう!シン・時代の働き方UPデート!UPグレードコミック!』、『“起業”を識れば“サラリーマン”の価値も分かる。大変革の時代に、胸を張って生きるための仕事術!』だった。
また、



裏表紙は『人間は、個性は、働き方は多様化!かつて世界中を席巻した日本的経営。三種の神器「終身雇用」「年功序列」「企業内組合」だけではもう戦えない!50代、会社のお荷物。内定ゼロの売れ残り就活生。仕事未経験の専業主婦…単一な働き方から顔を上げ立ち上がろう。働き方の選択肢が増えれば、自由な生き方ができる!現在地と未来を知るために、さぁ、スタンドアップ開始!』で、



折込チラシは『日本を起業先進国へ!“起業支援”マンガ、シン・開幕!』などなど。

「“資産は人なり”。資産を手放す投資家はいない!」。不器用で取り柄もなく、会社の負債と嗤われる林田が出会った謎の男・三星大陽。「人間投資家」と名乗る大陽は、林田自身も信じられない林田の可能性を見出し、こう誘う。「スタートアップしよう!」。起業後進国・日本を起業先進国へ!コミックス情報

なお、「スタンドUPスタート」1巻【AA】の感想には、どらやきやさん『様々な人が挑戦→成功していく過程や仲間が増えていくのがスピーディに展開されててすごい好き。新社会人の時にいろんなビジネス書読み出して気分がハイになってた時の感覚が戻ってきますね』、三門優祐さん『一巻の内容部分は「起業するとはどういうことか?」という問いへの完璧なアンサーになっている連作短編集で、超おすすめ』などがある。
「スタンドUPスタート」1巻コミックス情報 / 福田秀氏のTwitter



「“就活”なんてクソだ!!」



「スタートアップで、そんな“クソ就活”を無くさないか?」



「人材不足で困ってたからさ、ほっとしたよ」



「前三ツ星財閥総帥の忘れ形見、三ツ星重工業代表取締役社長、三星大海」



「負債か資産になるかそれは社長次第なんじゃないんですか?」



「日本の力を刀から算盤に替えた、渋沢栄一の言葉だ!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3852

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>