ACG资讯 » 【同人】【手机版>>>】

2020-12-20 21:06

ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!第1卷 「太陽系全域のスポーツエリートが、宇宙撫子の称号を目指し白熱のバトル」

160



高遠るい的漫画「ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」第1卷【AA】于秋叶原アキバでは16日に発売になった。漫画情报为『90年代に各種メディアを席巻した「バトルアスリーテス大運動会」が復活!』で、裏表紙は『白熱のバトルを繰り広げるSFスポーツアクション!』。


  
高遠るい氏のコミックス「ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」1巻【AA】発売


  
〈宇宙撫子(コスモビューティー)。命あるすべての若者の憧れ──〉


  
〈時に、西暦5100年。今年もまた灼熱の時間が幕を開ける!〉


  
「(負けるかい!)」
「柳田選手がペースアップ。逃げ切りを狙います!」


  
「わたしは大運動会で宇宙撫子(コスモビューティー)になります!」


  
「Set.」 バッ


  
「ぐるぐるバット地雷原、爆破も怖いがリバースも怖いーっっ。
超オーバーハングクライミング、高度20m平均台、下からはキャノン砲!」



COMIC ZIN秋葉原店 特典:イラストカード



とらのあな秋葉原店A 特典:イラストカード



裏表紙「SFスポーツアクション!」

高遠るい氏がCOMICジャルダンで連載されているコミックス「ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」1巻【AA】が、アキバでは16日に発売になった(公式発売日は18日)。

『バトルアスリーテス大運動会』は、Wikipediaによると『1997年から1998年にかけ、OVA、テレビアニメ、コンピュータゲームなどさまざまなメディアで展開されたメディアミックス企画』『世界最高のスポーツエリートが出場するスポーツ大会「大運動会」を目指して努力する少女・神崎あかりとその友人たちを描いたスポ根ストーリー』で、2021年4月に新主人公の新作TVアニメも放送開始の作品。

今回発売になったコミックス「ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」1巻【AA】は、高遠るい氏の連載開始告知が『舞台設定は旧作の百年後、新作の十数年前ということになっていますが、~あくまでもなんとなくです』だったもので、



第0話~第5話を収録し、裏表紙は『太陽系全域のスポーツエリートが、宇宙撫子(コスモビューティー)の称号を目指し白熱のバトルを繰り広げる、史上最高最大のSFスポーツアクション!』になってた。

90年代に各種メディアを席巻した「バトルアスリーテス大運動会」が、完全オリジナルコミックで復活!地球上空にそびえる巨大宇宙ステーション「大学衛星」に、太陽系全域の訓練校から選び抜かれたスポーツエリートが年に一度集う「大運動会」。過酷なルールのもと、若き女性たちは肉体の極限まで戦い、挑み、しのぎを削る! コミックス情報
「ペイル・ブルー・ドット バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」1巻【AA】連載時の感想には、我乱堂さん『旧作のファンなら色々と気になるワード頻出!』、わん太さん『大運動会なのに高遠るい漫画だわ』、はまかぜさん『大学衛生のはちゃめちゃな未来感、ハイテク感を丁寧に描いてるところと肉体が美しくてさいっこう!』、ルレイさん『前作と似てるギャグでおもろいわw』、サークル影武者さん『こういう健康的なエロス良いよね』などがあった。

なお、作者:高遠るい氏は後書きで『2019年夏。一通のアニメ企画書が風に乗り、舞い込んだ。「バトルアスリーテス大運動会リスタート」(仮)!1ミリ秒後、「一足先によォ~外伝漫画でも描いて応援しようぜ!」と友人の編集者に持ちかけていた』などを書かれ、アニメ脚本家:



倉田英之氏の帯コメントは『23年前、書き尽くしたつもりだったが…まだ始まってもいなかったとはな!』などを書かれている。
「ペイル・ブルー・ドット~」1巻コミックス情報 / 連載ページ



「わたしダイアナ・モルガン。こっちは妹のエレイン」



「わたしに従うならば、栄光は掴ませてやる」



「罰としてVR断崖絶壁で腹筋1000回だ!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3869

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>