ACG资讯 » 【小说改】【手机版>>>】

2020-12-26 23:36

漫画版 アビス・コーリング第1卷 「クソゲーにクレカ全額ぶっこむ廃課金者が転移」

155



槻影的轻小说、野村エージ作画的漫画版「アビス・コーリング」第1卷【AA】于秋叶原21日发售。



封带宣传语为『廃課金者が異世界で無双する痛快ファンタジー!』、



新刊宣传广告为『重課金必至のクソゲーにクレカ全額ぶっこむ廃課金者が転移』。


  
野村エージ作画的漫画版「アビス・コーリング」第1卷【AA】发售
「クレカ全額ぶっこむ廃課金者が異世界で無双する痛快ファンタジー!」


  
「(“始まりの遺跡”に僕は今立っている…。今まで何度もゲームで目にしたこの光景。異世界に来てしまった、アビスコーリングの世界に!)」


  
廃課金プレイヤー・ブロガー(左)と、同時に転移していたJK・ナナシノ(右)
「ここは…」 「(女の子…さっきまで誰もいなかったはずだが…)」


  
「(かつてアビスコーリングというゲームがあった。日本中ですさまじく流行ったスマートフォン向けアプリゲーム、多くの人が熱中していた)」



「(アビスコーリングはたしかに、クソゲーだった。
最強の集金システムと呼ばれ、数千万人のユーザーをどん底に叩き落とした)」


  
「(世界観はファンタジーで、よくある中世風の世界とはちょっと違う。
現代中世ごちゃまぜの世界観も、クソゲーと呼ばれる要因だ)」


  
「(瞬殺。大量課金が必要なほどのレア度を誇るサイレント)」



Melonbooks(メロンブックス)秋叶原1号店 特典:插画卡



虎之穴(とらのあな)秋叶原店A 特典:插画卡



Gamers(ゲーマーズ)本店 特典:照片

槻影氏のライトノベルを野村エージ氏がコミカライズされ、ComicWalkerで連載中の「アビス・コーリング 元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら」1巻【AA】(キャラクター原案:桜木蓮氏)が、アキバでは21日に発売になった(公式発売日は23日)。
『アビス・コーリング 元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら』は、槻影氏がWEB小説サイト「小説家になろう」・「カクヨム」に投稿され、ファミ通文庫から商業書籍化もされている同名のライトノベルが原作で、連載開始時のラノベニュースオンラインによると『かつて最低最悪の評判のもとサービスを終了したゲームに似た世界へと転移した主人公が、プレイヤーとしてやり残したことを成し遂げるため、欲と打算とちっぽけな誇りを胸に冒険へ挑む物語を描く』というお話。
今回発売になったコミカライズ「アビス・コーリング」1巻【AA】の



オビ謳い文句は『重課金必至のクソゲーに転移!?クレカ全額ぶっこむ廃課金者が異世界で無双する痛快ファンタジー!』で、



折込チラシは『重課金必至のクソゲーにクレカ全額ぶっこむ廃課金者が転移して――!?』になってた。

気が付いたら、最低最悪の集金システムと名高いクソ・ソーシャルゲーム「アビス・コーリング」に転移していた。かつて、プレイヤーだったころにやり残したことを成し遂げるため新しい世界で、召喚士として立ちあがる――! 



裏表紙

なお、コミカライズ「アビス・コーリング」1巻【AA】の槻影氏は『ソシャゲが好きです。あからさまに課金を誘ってくる酷いガチャが大好きです。憤懣、絶望、そしてその先に存在する喜び、全て込めました』、コミカライズを担当されている野村エージ氏は、あとがきで『今を遡ること◯年前、私はとあるネットゲームのド廃人でした』、『そんな私が、このアビスコーリングのコミカライズのお話をいただいた時は、もはや「天命」だと思わざるをえませんでした。廃人だった経験が生きるなんて、人生は何がおこるかわからないものですね』などを書かれている。
「アビス・コーリング」1巻コミックス情報 / ComicWalker連載ページ



「ログインボーナスがきてないんだけど…」



「えと…どうですか…?」「いいんじゃない?」



「(序盤にこんなモンスターを出したら萎えるぞ?)」



「ブロガーさん、ただいまです」「…おかえり…」



「草むしりでも見つかった…」「うん、魔導石だ」



「(僕はただ…“召喚〈ガチャ〉”がしたいんだ)」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3882

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>