ACG资讯 » 【其它】【手机版>>>】

2020-12-31 23:06

漫画版 どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です第1卷 「惚れ薬から始まる恋のお話」

139



釜田作画的漫画版「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」第1卷【AA】于28日迎来官方的发售日。漫画情报为『恋のタイムリミットは、惚れ薬ができるまで』、



オビは『引きこもり魔女×生真面目な騎士の、惚れ薬から始まる恋のお話』になってた。


  
コミカライズ「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」1巻【AA】
「引きこもり魔女×生真面目な騎士の、惚れ薬から始まる恋のお話」


  
「(王都の外れに位置する森の奥深く。湖に囲まれた小島に建つあばら屋。
そこに住む私、ロゼは、湖の魔女と呼ばれている)」


  
「(名をハリージュ・アズム。王宮勤めのエリート騎士様。
こんなところとは無縁な人…だと思っていた)」


  
片思いの相手に、惚れ薬を作るよう依頼される
「惚れ薬を作って欲しい」


  
「…申し訳ないが、この件に関して拒否権は無いと思って欲しい」


  
「(優雅につり上がった眉、雪の日の湖面のような群青色の瞳、灰色の髪。
美しすぎて鳥肌が立つ)」


  
「(心をこんな風に揺さぶられることには慣れていない。4年前に抱えた恋心も、たまに一人で取り出して眺めては、いい思い出だったなと振り返る程度)」



ゲーマーズ本店



メロンブックス秋葉原1号店 特典:イラストカード



アニメイト秋葉原本館 特典:ビジュアルボード

釜田氏がコミカライズされ、ComicWalker内・FLOS COMICで連載中の「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」1巻【AA】(キャラクター原案:vient氏)が、28日の公式発売日を迎えた。
『どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。』は、六つ花えいこ氏がWEB小説サイト「小説家になろう」などに投稿され、商業書籍化もされている作品で、コミックナタリーによると『森の湖畔に建つ庵にこもり薬作りをして生活している“湖の魔女”ロゼのもとに、彼女が片思いをしている騎士ハリージュ・アズムが惚れ薬を作ってほしいと依頼に来た。依頼を断ることができないロゼは、少しでも長く彼と一緒にいたいと、薬作りに必要な面倒な材料の調達を彼に頼むことにする』から始まるお話。
今回発売になったコミカライズ「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」1巻【AA】にはコミックス情報は『恋のタイムリミットは、惚れ薬ができるまで――。大人気小説のコミカライズ』で、オビ謳い文句は『WEB発、引きこもり魔女×生真面目な騎士の、惚れ薬から始まる恋のお話』になってた。

「惚れ薬を作って欲しい」。秘かに想いを寄せていた騎士の言葉で、湖の善き魔女の恋は終わりを告げた。それならせめて、薬が完成するまで――少しでも長く一緒にいたいと、魔女は騎士に様々な材料を調達させる。

ところが騎士は、材料とは関係のない食べ物を持ってやってくるようになり… 



裏表紙

コミカライズ「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」1巻【AA】の感想には、もずくさん『釜田せんせいの絵の表情が本当~~に好き。あったかくてやさしくてかわいい』などがある。
なお、原作:釜田氏のあとがきでは『こうしてコミカライズ担当させて頂けることがとても光栄です!六つ花先生の描かれる繊細な二人の感情や、優しい世界観が漫画でも伝わりますよう精進してまいります!次巻もどうぞよろしくお願いいたします!』などを書かれている。
「どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。」1巻コミックス情報



「(ハリージュ様は“魔女”に会いに来るのだ)」



「(ハリージュ様に見られてる。近い睫毛長い顔がいい)」



「魔女は、魔法を使う代償に嘘をつけないんです!」



「これは痴女ではなく私は装いに無頓着で替えの服が」



「(林檎の香りとカラメルのほろ苦さ…幸せ…!)」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3895

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>