ACG资讯 » 【周边】【手机版>>>】

2021-01-03 02:36

榊一郎 けいたん。 「ライトノベルの裏表を知り尽くす著者が描き出す業界神話!」

108



講談社ラノベ文庫、榊一郎的轻小说「けいたん。~ライトノベルは素敵なお仕事。多分?~」【AA】于秋叶原发售。



封底为『熱きラノベ愛と涙と珠玉の創作論を交え描く、新感覚お仕事小説!』、



『愛と欲と希望とフェチと変人だらけのラノベ業界(いせかい)神話登場!』。


  
著:榊一郎氏のラノベ「けいたん。~ライトノベルは素敵なお仕事。多分?~」【AA】
「軽小説屋・榊一郎がぶっ放すラノベ業界、ホントのお話なのです!」


  
久能拓哉:講談社ラノベ文庫よりデビュー目前(のはずの)新人ラノベ作家
阿賀凛子:講談社ラノベ文庫編集者(新人)


  
「お兄ちゃん…可愛いのです…!私、一万年と二千年前からお兄ちゃんの事を…」
「正気に戻ってください凛子先輩、僕は後輩で、知り合ったのは三日前です!」


  
(左から2番目)さかきいちろう:榊一郎から分裂した?謎の物書きにして美少女





メロンブックス秋葉原1号店 特典:SSリーフレット



アニメイト秋葉原本館 特典:SSペーパー



ゲーマーズ本店 特典:ブロマイド(差分ver)

講談社ラノベ文庫1月新刊、著:榊一郎氏&イラスト:潮一葉氏のライトノベル「けいたん。~ライトノベルは素敵なお仕事。多分?~」【AA】がアキバではもう出てる。「けいたん。」【AA】は、



裏表紙によると『久能拓哉はデビュー前の新人ラノベ作家。担当に会うためあるラノベ編集部を訪れたはずなのに、彼が見たのは〈ダンジョンみたいな地下迷宮〉〈ドラゴン〉〈ライフルを乱射するゴスロリ美少女〉!?──いらぬ苦闘の果てにたどりついた編集部にて自著出版の直談判をする拓哉だったが、出会ったばかりのゴスロリ美少女?にほだされラノベの編集を手伝うことになってしまった!』『榊一郎が熱きラノベ愛と涙と珠玉の創作論を交え描く、実名キャラも登場しての新感覚お仕事小説!』というお話。

榊一郎氏の発売告知は『講談社が舞台です。ラノベ業界の赤裸々な実態を描いた告発本』、『実名ばんばん出てきます。ツカサ先生とかニリツ先生とかラノベ王子とか有馬啓太郎先生とか猪熊編集長とか神野オキナ先生とか。さかきいちろうとか(※)』などをツイートされ、



オビ謳い文句は『軽小説屋・榊一郎がぶっ放すラノベ業界、ホントのお話なのです!』、



折込チラシは『ライトノベルの裏表を知り尽くす著者が敢えて身の安全を擲って描き出す、愛と欲と希望とフェチと変人だらけのラノベ業界(いせかい)神話!』になってる。
久能拓哉は、とあるライトノベルの新人賞を受賞したのだが、どうやら担当者が失踪したらしい。自著出版の直談判で訪れた東京・音羽の講談社という出版社で、駅を降りただけなのにいきなり《地下迷宮》に迷い込んでしまう拓哉!次々と現れる、ドラゴン、黒パンゴスロリ美少女、ゴーレム…作家人生始まる前に強制終了しかねないピンチに、拓哉がとった行動が、彼を想像の斜め上の事態に巻き込んでしまって… 書籍情報
「けいたん。~ライトノベルは素敵なお仕事。多分?~」【AA】の感想には、痴炉莉庵やもりさん『美少女文庫作家の、さかきいちろう先生が登場していた♪』などがある。

なお、著者:榊一郎氏はあとがきで『何というか割と今更感がある「ライトノベル業界もの」です。~勿論、全てフィクションです。どっかで聞いたような名前がばんばん出てきますが、全部フィクションですからね。フィクションなので名誉毀損で訴えられたりしない筈なのです。安心安心』などを書かれ、



巻頭カラーは『実在の人物や団体などとは関係ありません。…関係ないったらないのですっ!』になってた。
「けいたん。~ライトノベルは素敵なお仕事。多分?~」書籍情報(試し読みあり)



「バレットM82A1対物狙撃銃。装甲車なんかを狙う武器」



「講談社を示すロゴマークなのか、紅い“K”の文字」



「そうか。無理か」 「なら私が担当するです!」



「私は義理の妹だよ?お兄ちゃん…?名前で…呼んで?」



「榊先生、忍者に転職したです?」



「二つ目要ります?はい、あーん」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=3899

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>